ビューティーネットオフィシャルウェブサイト

「ビューティーネット」では、
美容にについてのたくさんのお得な情報を配信しているホームページです。美容を勉強したい方や、これから綺麗になってひと花咲かせたい方など、ぜひお役立てください!

珍しいものを積極的に食べる

飲み会やパーティは、ふだんあまり食べないものを食べられる機会でもあります。男性は習慣なのか、めんどうなのか、毎日同じようなものを食べている人が多いように思います。いつも似たようなお弁当を食べている人に「好きなんですか?」と聞くと、「いえ別に」という答えが必ず返ってくる…。女性は珍しい食べものでもすぐに箸をつけてみますが、男性ははじめて見るものを敬遠したりする…。食べものに含まれている栄養素は、食品ごとにそれぞれ異なります。ふだんの食事で不足している栄養素を補給することは、燃やす効果を高めるのに役立つので、めったに食べられないものや珍しいものを積極的に食べることは、ダイエットにプラスです。メニューはふだん食べていないものを中心に選び、くれぐれも、いつでも食べられる唐揚げやピザなどには手を出さないように。たまには幹事を引き受け、自分ひとりでは行かないエスニック料理や沖縄料理の店、少し高級な中華料理店などをセッティングするのもいいでしょう。もし飲み会続きで少し太ったかなと思う人は、エステサロンに行くことを勧めます。エステティシャンによるマッサージで、脂肪を直接燃やすことができ、キレイに痩せることが可能になるのです。

注意したい脂肪吸引の災難とは

脂肪吸引は、率直なところ、ぜったいにいけないとはいわないまでも、めったにやるべき手術ではないと私は考えている。肥満患者に大量の脂肪吸引を提案する内科医がニューヨークにいるけれど、私にいわせれば、みずから災難を招いているようなものだ。最終的には死に至ることもあるのだから。脂肪吸引を気軽な減量の代用行為と考えてはならない。深刻な肥満状態にある患者の脂肪吸引は、手術中に合併症を起こしやすいため、断わるべきである。そもそもその患者の肥満の原因となっている問題と取り組むことが先決だろう。脂肪吸引は特定の部位の脂肪細胞を排除する。たとえ患者の“問題の部位”から4.5キロ以上を排除する必要があっても、安全とはいえない。
→ キャンペーン情報

こぞって美容整形を受ける韓国女性

意外なことのようですが、お隣の国、韓国では、日本とは比較にならないほど美容整形手術が盛んです。韓国では、女性の結婚に対する願望がとても強いのだそうです。「よりすてきな男性に認められるように」「幸せな結婚をするために」彼女たちはこぞって美容整形を受けるといいます。それも大学に入学して1?2年の、まだ10代後半の早い時期から手術を受けるのりが美しくなって親と似ても似つかないのは結婚相手に疑われると、母親があとから手術を受ける「逆整形」も増えているそうです。もちろん、最終的に手術を“受ける”“受けない”を決定するのはあなた白身ですが、世界的な潮流として、美容整形がそれだけ普通の人が普通に行うものになっているという事実があるのです。

シスチンにツメの硬さは左右される

ツメを構成しているタンパク質ケラチンにはシスチンというアミノ酸が含まれていて、その含有量にツメの硬さが左右されるのです。こんなに重要は働きをしてくれるタンパク質を、取り損ねたらたいへんです。まず、アミノ酸のバランスがいい大豆タンパク質、そして、魚介類、卵、牛乳、乳製品などの動物性タンパク質を、積極的に食事に取り入れるようにしたいものです。ツメの成長に不可欠なビタミン類「微量だけど新陳代謝に必要な有機化合物で、体内では必要な量だけ作れない」というのが、ビタミンの定義です。二十種類以上あるビタミンのなかでも、ビタミンA、ビタミンB群、D、Eは、ことに注目。ビタミンAは、不足するとトリ目といわれる夜盲症にかかりやすく、成長停止、皮膚や粘膜の潤いが失われ角質化しカサカサになるという弊害も生じやすいのが特徴です。

目の下のエイジングケアは欠かせない

目の下には、漢方でいうところの五臓六俯から生まれてくる生命エネルギーがいくつも通っています。なんと、五臓六肺のうちの6つが、目の下のシミの原因になる可能性があるのです。そこで、漢方では、シミの色や深さを診て、体の状態を質問し、五臓六肺の何がいちばん影響しているかを判断します。そして、自分でできるツボ押しを教えて、日頃やっていただきながら、同時に食事傾向の改善点をアドバイスして、体質の改善に努めていただくのが本治法ということになります。この。内側からの“改善(=本治法)”によって、外側からの“フェイシャル(=標治法)”の効果をさらに高めていくわけです。さっそくですが、フェイシャルに効くツボの代表は、足のサンリ(三里)です。サンリは、胃の機能を改善してエネルギーの流れを促す目的で使います。ここを押すことで、皮膚に栄養が行きわたり、新陳代謝の促進が望めます。このように目の下は老化が目立つ場所のひとつですから、エイジングケアは欠かせないですね。

コンテンツ

アロマを楽しむ

精油の効果を理解するために、芳香成分そのものの知識を持ちましょう。肌の炎症を鎮めたいときには、抗炎症作用があり、皮膚に刺激が強くない芳香成分を探し、それが含まれている精油を選びます。より精油の性質を理解するのに役立ちます。
[参考サイト]
業務用アロマディフューザーについて
http://www.at-aroma.com/